スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフィーがくれた奇跡の時間


こんにちは!

今日は朝から冷たい雨です。
ワンズと1日家の中に引きこもっていました。

家事を終えてソファーに座り、テレビをつけてボーっとしていたら、
モニが抱っこ♪と来てくれました。
その後、マノン、メリアと順番にみんなママの足やらお腹の上に乗ってきて、
大ラッシュ。
今まで、全員が一緒に乗ることはなかなかありませんでした。
ソファーでのお膝は、マフィーが第一優先でした。
モニは、お花のフカフカベッドが好きですし、
マノンはいつもソファーの隅っこがお気に入り。
その隣にメリアという感じでした。

マフィーがみんなを導いてくれたのかな?
入院中から、マフィーがいなくてスースーしていた足が、
一気にポカポカになりました。
そのままみんなとお昼寝。
とても心が安らぎました。

今は、ダイニングチェアに座っていますが、
マノン&メリアがギュウギュウで足の上に乗っています。

今日はマフィーがくれた奇跡の時間を記しておこうと思います。

マフィーが最初に嘔吐したのは、ジジババのおウチに行った時。
1_201511251757575b0.jpg
この後すぐに病院に担ぎこんだのですが、
ここで既に「マフィーは具合が悪いんだよ。」とジジババに納得させたのだと思います。


とても高い数字をたたき出した膵臓の数値。
先生が、まさか!!と驚かれるほどの元気ぶり。
2_20151125175758478.jpg

強制給餌を含めて、ご飯も頑張って食べてくれました。
3_20151125175759ed3.jpg

ササミを自分でお口を開けて食べるマフィー。
4_201511251758008aa.jpg


5_201511251758026ea.jpg
とても頑張っているマフィーでしたが、
数値だけ見ると、いつ何が起きてもおかしくない状態だと言われてネエネが帰国しました。


いつもの「お祭り娘」の姿を披露してくれました。
6_20151125175821eb9.jpg


7_20151125175822496.jpg
周囲がハラハラするようなお転婆ぶり。


8_201511251758244c6.jpg
大好きなネエネに会えて、ニコニコのマフィー。
ネエネの帰国を待ち、最後の楽しい時間をプレゼントしてくれました。
この時は、快復して元気いっぱいで退院できるかもしれないと、期待を持ちました。
先生も、この様子を見て期待してくださっていました。


が。。。その2日後、脳に異常が起きました。
10_20151125175827ce5.jpg
CT検査を受け、腹部・頭部共に腫瘍などなく、
外科的手術を受けるような症状は見られない。
という結果を受けました。
正直、もう投薬以外手立てがないという結果です。


目が見えなくなり、立ち上がることもできなくなり、
ご飯もほとんど口に入らない状態になって、ネエネとお別れ。
11_201511251758435cd.jpg
この時、ネエネも覚悟ができたと思います。


ネエネがロシア上空を飛んでいる頃、点滴と共におウチに帰れることになりました。
お耳は聞こえていたので、とても嬉しそうな表情をしていました。
12_20151125175845dc9.jpg
首を起こせたのは、この時が最後でした。


家に着いてみんなと会えました。
13_201511251758468df.jpg

サークルの周囲をみんなで代わる代わる回っていました。
14_201511251758482c5.jpg


15_201511251758498f8.jpg
メリアは一緒に寝たかったのね。
でも、少しの刺激で発作が起きかねないのでそれはできませんでした。


16_2015112517590776a.jpg
ジジババにも、お耳が聞こえるうちにご挨拶ができました。

この翌日はみんな会社があるので、わたしがマフィーの横で休むことにしました。
眠くて仕方がないけれど眠れない。。。
最後の記憶は1時でその後寝てしまったようです。

急に汗びっしょりになっている自分に気が付いて目覚めたのが、
3時20分でした。
マフィーのことを覗くと、スヤスヤ寝息が聞こえて静かに寝ていました。
喉が渇いたので、コーヒーを飲みにキッチンへ。
一口飲んで戻ってくると、発作を起こしていました。

発作はすぐに治まったのですが、その後の手足の突っ張りがなかなか治まりません。
もしかして。。。と胸騒ぎがして家族を起こしに行きました。

戻ってきても、まだ手足が突っ張っていましたが、
ほどなくして今度は、早足で歩くようにきれいなフォームで手足を動かし始めました。
(今から思うと、この時、迎えにきたメルのところに駆け寄っていたのかもしれません)

手足の動きが止まった。。。と同時に呼吸が止まっていました。

とてもとてもマフィーらしい、綺麗な最後でした。
時計を見ると、3時42分。
どうして、3時20分にわたしの目が覚めたのか、とても不思議でなりません。

長女は、ドイツの自宅に付いてホッとしている時間になっていました。

マフィーは、家族とのお別れの段取りを綿密に考えて逝ったように思えてなりません。
もしかすると、メルの協力もあったのかも。。。
メルも、発病(急性腎盂炎)して1週間でしたが、同じようなお別れでした。

マフィーの臨終時、モニは横で爆睡していました。
これがまた救いでした。
起きていたら、ショックを受けたに違いありません。

早々に、マフィーをきれいに拭いてあげて、大好きな長女の部屋に安置。
モニだけには察せられたくありません。

片付けを始めると、モニが起きてきました。
17_2015112517590804a.jpg


18_201511251759106f1.jpg
サークルの周囲をグルグルクンクン。
不思議そうにしていましたが、ショックを受けている様子はありませんでした。

朝になって、獣医さんに電話で報告しました。
「今朝、マフィーが逝ってしまいました。」と告げきれないうちに声にならなくなってしまいました。
先生も一緒に泣いてくださいました。
更にわたしがもらい泣き。。。
先生が一生懸命手を尽くしてくださったのだというのが伝わってきました。
先生方と気持ちを1つにして戦ってこれたのだと、改めて感じました。
また、頑張ったマフィーを誉めていただきました。
先生には、絶妙なタイミングで家にマフィーを帰してくださったことに感謝して電話を切りました。


パパも次女も会社を休んで、マフィーを送ることができました。
19_20151125175911245.jpg
大好きなぬいぐるみに囲まれて、穏やかな笑顔のマフィー。
全部持たせてあげたかったのですが、ぬいぐるみは一緒に火葬できませんでした。
遊びたくなったら、いつでもおウチに戻ってきていいからね。

こうしてブログを書いていても、涙がハラハラハラハラ枯れることなく出てきてしまいます。
しばらく続くのでしょうね。

細かいことを忘れてしまいそうなので、
まだ記憶が鮮明なうちに残しておきたいと思って記しました。


20_2015112517591392d.jpg
この写真は、昨年の9月に鋸山に行った時の写真です。
大仏様との初で最後のツーショット写真になってしまいました。


21_20151125175924447.jpg
お茶目なマフィー、大好きよ!

49日の間、皆さまのところにお礼に伺うかもしれません。
バッグなど出しっぱなしにしておくと、
美味しい物が入っていないか、顔を突っ込んで確認するので気を付けてくださいね。


スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

荼毘に付して


こんにちは。

昨日はマフィーにたくさんの送る言葉をいただき、ありがとうございました。
メールでコメントのお知らせが届いて、1通1通読むたびに、涙。。。涙。。。また涙。
1日中泣いていました。

皆様のコメントやメールを拝見して、改めてマフィーの存在の大きさを感じました。
マフィーって、たくさんの方に愛されていたのですね。
彼女が遺してくれたもの、たくさんあるのですね。
飼い主でも気が付かなかった一面もあるようでした。

ただの「おふざけマフィー」だと、てっきり思っていました。
もっともっとマフィーからたくさんのメッセージを聞きたかった。
マフィーには人の心を開いてくれる不思議な力があるのかな?

11月24日午後3時~、世田谷の「感応寺」にてマフィーを荼毘に付してきました。
とても丁寧に対応してくださるので、メルの時からお世話になっています。

小さな骨壺に入ってしまったマフィー。
CIMG1369-20151124.jpg
たくさんのお花・おやつ・ごはん・ササミ・家族の写真と共にお空に昇っていきました。

マフィーのお骨を拾って斎場から外へ出ると、満月が眩しいほど光り輝いていました。
お空で、満月の眩しさに「大仏顔」してるかな?
メルに思う存分甘えているのかな?
。。。考えながら家路につきました。

マフィー、早速お空で何かしでかしてる。。。そんな気がしてなりません。
先輩ワンちゃんの言うことをよく聞いて、
神様の手を焼かないようにね。

昨日からほとんど寝ていないので、今日はこれでおやすみなさい。

モニはじめ、3ワンズはよく食べ、よく寝て、よく歩き、元気に過ごしています。
ご安心ください。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ご報告


わたしたちのかわいいかわいいマフィー。

11月24日 午前3時42分

我が家で家族が見守る中、メルが待つお空まで旅立ちました。

今まで見守ってくださった皆様、ありがとうございました。

獣医さん、読者の皆様にきっと感謝しながら旅立ったと思います。


マフィー  ありがとう。



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ただいま~


こんにちは!

昨日もたくさんの心に響くお言葉をありがとうございます。

1-20151123.jpg
ネエネ無事に旅立ちました。
このブログが更新される頃、ドイツに到着するようです。

今日も、パパと次女とで面会に行ってきました。
マフィー、おウチに帰れることになりました。
2-20151123.jpg
目は見えていませんが、お耳は聞こえています。


3-20151123.jpg
みんな待っているわよ~
なんだかとっても嬉しそうなお顔。


4-20151123.jpg
すぐに眠くなっちゃうのね~

てんかん発作を起こした後、少し覚醒したような表情になります。
発作の回数が増えてきています。

点滴と一緒にお引越しです。
5-20151123.jpg
点滴の機械の扱い方は、先生から習ってきました。
床暖房を点けて、保温に気を付けています。


6-20151123.jpg
モニはやはりビックリした様子。


7-20151123.jpg
ピーピー鼻を鳴らしていました。
ごめんね。悲しい思いをさせてしまって。。。。
でも、モニ姫、ご飯の催促はしっかりしてきたので大丈夫そうです。


8-20151123.jpg
メリア嬉しいわね~


9-20151123.jpg
不思議そうに覗き込むマノン。
こんなにおとなしいマフィー、見たことないものね。
マフィー、今病気とバトルしてるからそっとしておいてあげてね。


10-20151123.jpg
モニは、しょっちゅう静かに覗き込んでいます。


11-20151123.jpg
いつものように甘えて一緒にネンネしたくてケージをカリカリしていましたが、我慢ね。


12-20151123.jpg
血液の状態は、更に悪くなってしまいました。
病院で注射をしていただいたのですが、血小板の減少で出血がなかなか止まりませんでした。
白血球の数は非常に高い状態です。

また、嚥下ができなくなってしまいました。
食べることも飲むことも難しい状態です。
あれだけの早食い王の食いしん坊さんが食べられなくなるなんて。。。
想像もしていませんでした。

ところが。。。ワンズのご飯タイムになって、
「さ~!ご飯にしましょうか!」と声を掛けて、みんながキッチンに駆けて行くと、
マフィーも一生懸命手足を動かして起き上がろうとしていました。
さすがマフィー!という場面をしっかり見せてくれました。


ジジババがお見舞いに駆けつけてくれました。
13-20151123.jpg
ジイジが「マフィー!おやつ!」と話しかけたら、お耳が大きくピクピク!
ママに隠れて、パンの端っこを食べてた子はだ~れ?


14-20151123.jpg
バアバとは、今年のセーターはどうする?
と、相談していた矢先にマフイーが倒れてしまいました。



15-20151123.jpg
みんなに囲まれて、とっても幸せそうなお顔をしているマフィーです。
マフィー、こんな優しい顔ができるんじゃない!
元気な時は大仏顔やら変顔がいっぱい!
わざとやっていたんでしょう。

マフィーが帰ってきて数時間経って、ワンズ全員落ち着きました。
いつものように自然に寛いでいます。

明日火曜日、休診日ですが先生は朝から病院にいらっしゃるそうです。
何かあったらすぐに連絡をくださいとおっしゃってくださっているので、
心強いです。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

マフィー入院23日目 ネエネまたね!


こんにちは!

急に寒くなってきました。
ワンズ、セーターを着込んでのお散歩です。
1_20151122211857836.jpg
みんなのお顔がなんとなく寂しげに見えてしまいます。
そんなお顔をしていると、マフィーに叱られちゃうわよ~

今日もみんなで面会に。
2_201511222118599a3.jpg
オモチャの匂いに夢中になっているマフィー。


4_20151122211901d18.jpg
でも、今日はとても眠いみたいです。
ご飯をお口に入れても昨日のようにカムカムできずにすぐにくたびれてしまいます。

マフィーの大好きな言葉「マフィー!オモチャちょうだ~い!」と声を掛けると、
「ハッ!」と耳を立てて大きな目を開けるのですが、
すぐにスーッと眠ってしまいます。

血液検査の結果は、血球系の結果が思わしくありません。
白血球が増え、赤血球と血小板が低く厳しい結果になっています。
嘔吐や下痢はありません。

自分で身体を移動することも今日は難しい状態。
あの驚くほどバネの効いた逞しいアンヨがここまで弱ってしまうとは。。。
肉球も赤ちゃんのようにプニュプニュ。
たった3週間で。。。
受け入れがたい現実です。
これが長い長い夢だったらいいのに。
誰か、眠りから醒ましてくれないか。。。と、もがきたくなります。


大好きなネエネに抱かれて。
5_20151122211903fa7.jpg
長女は月曜日のお昼の便でドイツに帰るので、今回はこれで最後の面会。
たった1週間の滞在でしたが、1ヶ月くらいいたような気がします。
それだけ、充実した時間を過ごせたのかもしれません。
今度はニイニと一緒に4月末に帰ってくるからね。
またお得意の「スーツケースお帰り~」をして、
ネエネとニイニをがっかりさせなくちゃ!!
また軽井沢や、色々なところにニイニを連れて行ってあげないとね。マフィー。


6_2015112221191785a.jpg
3時間の面会中、ほとんど寝ていました。


穏やかなお顔のマフィー。
7_20151122211918064.jpg
先生に、今マフィーはどこか苦しいとか辛いとか感じているのですか?
と伺ったら、嘔吐も下痢もないので、苦しみはないと思います。と、おっしゃっていました。
おそらく、ウトウトフワフワな気分なんだと思います。
(治療薬を含め、痛み止め・嘔吐・下痢止めなどのお薬を点滴している上で)


8_2015112221192078f.jpg
マフィー、オモチャのダックさんが、早くカスタマイズして~!って
待っているわよ。

明日は、もう少し起きていいお顔を見せてくれると嬉しいな。

昨日もたくさんのエネルギーを送っていただき、
ありがとうございます。
1つ1つのお言葉が、とても心に響いてきます。
家族全員の活力になっています。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

娘たちのプロフィール
よろしくお願いします。


12_201512282346258b2.jpg
マフィー 女の子
2015年11月24日
12歳8ヵ月で永眠
プロフィール
  Author:MARI
最新記事


❀全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
4ワンズへのメール

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう☆
リンク
リンクフリーです
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
スポンサーリンク
ライブカメラ
LINE読者登録QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。